肌ハリ-スチームを利用して肌を柔らかくする

毛穴の汚れを取るためには、まず肌と毛穴、そして角質を柔らかくすることから始めます。毛穴を柔らかくすると、角質を無理やり押し出して肌を傷つけることはありません。肌を柔らかくするためには、スチームパックを利用すると良いでしょう。

スチームパックとは蒸気の力を利用して、肌を柔らかくする方法です。そのような家庭用機械が手頃な価格で販売されていますが、自分でその状況を作ることも可能です。

入浴中では、常にお風呂のお湯から蒸気が立ち上っています。また水で濡らしたタオルをラップで包み、1分半程レンジにかければ簡単に蒸しタオルが作れます。

その他にも洗面器に熱めの湯を入れ、上がってくる蒸気に顔を当てる方法もあります。蒸気を顔に集中的に当てるためにバスタオルをかぶると、蒸気が逃げにくくより効果的に肌を柔らかくし、毛穴を開くことができます。精油を垂らすとリラックス効果も得られます。

これらの方法で肌を柔らかくした後は、肌に優しい洗顔方法で顔を洗い、余分な皮脂や汚れを落としましょう。洗顔後はまだ毛穴が開いた状態です。すぐに引き締めるために化粧水をつけることを忘れないでください。

保湿のケアは大切で、肌に水分がなくなってしまうとシミやしわになってしまいます。冷たい水でさっと毛穴を引き締めることも有効ですね。

さてドラッグストアなどには、毛穴のケアをするアイテムがたくさんあります。ラベルに張られたイメージ画像には、効果的と思わせるものが掲載され迷ってしまうほどです。

しかしそれらは、決して毛穴を柔らかくするわけではありません。つまり、力を込めて毛穴の汚れを押し出している、もしくは吸着しているのです。それは必要以上に皮脂を落としているかもしれません。

皮脂は肌の水分を逃さないための膜です。余分な皮脂だけでなく、必要分まで流れてしまうと、肌は異常を感じ過剰に皮脂を分泌して肌を守ろうとします。ですから、肌にとって皮脂は全く不要というわけではありませんので、毛穴の掃除を過剰に行うことはお勧めしません。

また毛穴パックやシートの使い過ぎは、皮脂だけでなく皮膚をはがしてしまう恐れがあります。肌を傷つけると、皮脂の過剰分泌に加え、毛穴の黒ずみや炎症を起こしてしまうことを知っておきましょう。確実かつ丁寧な肌ケアを求めるならば、面倒ではあっても肌に優しい方法で行いましょう。

肌ケアは洗顔料から

洗顔料を選ぶ基準はなんでしょう。ずっと使っているブランドだからでしょうか。それとも成分表示を見て納得できたからでしょうか。それとも数ある商品の中で一番安いからでしょうか。洗顔を「ただ顔を洗うという」認識から一歩進んで、肌ケアの一環ととらえてみませんか。

そう考えると、洗顔料をひとつ買うにしても、熟考するはずです。例えばあなたが皮脂による肌のテカリを悩みに抱えていて、洗浄成分の強い洗顔料を買ったとします。しかしその選び方は間違っています。その洗顔料を使うことによって、逆に皮脂の分泌が過剰になるかもしれません。

というのは、皮脂は本来肌の水分量を守るために存在しています。皮脂をすべて洗い流してしまうと、肌の水分を守るものがなくなるわけですから、肌は至急皮脂を分泌するでしょう。すると洗顔回数が増え、余計に肌に負担をかけることになってしまいます。

洗顔料には様々な種類があり、固形の石鹸タイプからクリームやジェル状のものもあります。また毛穴の中まで洗い落とすという洗顔料がありますが、前述の通り洗いすぎは肌を痛め炎症を引き起こしてしまいます。

よく汚れを落とす洗顔料は、必ずしもあなたにとって必要な洗顔料ではないかもしれません。洗顔料を選ぶときは、自分の状態を良く知り、対処法を勉強しておくと基準ができます。

敏感肌や乾燥肌の人に、細かい粒子が入ったいわゆるスクラブ洗顔料は、細かい粒子がある故に肌を傷つけてしまう恐れがあります。

また肌の性質に似た弱酸性タイプは、洗浄力は弱く、皮脂をほどほどにしか落としてくれません。人間の肌はアルカリ性を中和する機能があり、弱酸性に近づけようと働きます。

つまり自己修復能力があるということですね。肌がいつもよりちょっと元気がないなと思いましたら、アルカリ性タイプの洗顔料を選び、自己修復能力に便乗して肌の状態を元に戻しましょう。

このように、肌に過保護に皮脂を落としてやることはNGで、逆に肌の性質とは反対のタイプの洗顔料を使えば、自己回復能力を利用できるなど、洗顔料を選ぶ際には参考にしてください。

このページの先頭へ