肌ハリ-「ほうれい線」に効果的な化粧品と使い方

加齢にともなう肌の悩みで多いのは、ほうれい線についてです。ほうれい線は表情じわで、その主な原因といわれているのは肌のたるみです。表皮の下でそれを支えている真皮は大半がコラーゲンですが、コラーゲンは年齢とともに作られにくくなります。そのため、真皮が表皮を支える力が弱くなり、たるむというわけです。

しわやしみ、たるみに限らず肌のトラブルは、規則正しい生活や日常のスキンケアで防ぐことができます。加齢をはじめ色々な理由から肌の新陳代謝が低下することで、肌の弾力が失われしわができます。

ですから、美容液やクリームで肌に足りなくなった成分を補うことは、弾力を取り戻しほうれい線を薄くすることにつながるのです。

近頃は、目元専用や口元専用のクリームや美容液もあって、悩んでいる部分に効果があるように考えられています。では、どのような成分を含んだものがほうれい線に効き目があるのでしょう。

まずはコラーゲンです。コラーゲン配合のクリームや美容液が、真皮に不足した量を補ってくれます。それによってほうれい線を防いだり、改善されるでしょう。

次にヒアルロン酸です。ヒアルロン酸には保水力があり、真皮に必要な水分を保つ役割を果たしています。ヒアルロン酸もまた、たくさん含んだ水分によって内側から表皮を持ち上げてくれるため、肌のハリを取り戻すのに役立つというわけです。

乾燥や紫外線などを防ぐためにもメイクは欠かせませんが、クレンジングもまた大切です。汗や皮脂といった体の内側からのよごれも含め、きちんと落としましょう。

ただ、それによって残しておきたい水分や油分も洗い流してしまわないため、ゴシゴシ洗わずよく泡立てた洗顔料で優しく洗いましょう。洗顔後は化粧水で水分補給をし、それが乾かないうちに美容液で栄養を補います。

乳液やクリームを使う場合は、乳液が先です。肌質もしくは配合されているものに油分が多いなどの場合は、乳液とクリームのどちらか一方でよいでしょう。

コアトレーニングでアンチエイジング

アンチエイジングと言えば、肌のシミやたるみを改善するという印象が大きいと思います。しかし、身体の機能的な衰えを予防したり改善することが、アンチエイジングなので、トレーニングをして身体の老化を防止することも、アンチエイジングなのです。

では、アンチエイジングに良いとされるコアトレーニングとは、一体どのようなものなのでしょうか?まず、コアというものは身体の中央に位置する筋肉のことで、ここ数年ダイエットではコアトレーニングはずっとブームになっていますね。

コアは頭、首、鋤骨、脊柱、骨盤をコントロールしている筋肉であり、鍛えることで、体幹が安定するのです。全身をコントロールしていると言っても過言ではなく、コアを鍛えれば、手足も軽々動かせるようになります。

そのため、更に運動の効率が良くなり、老化も怪我も防止できるほか、代謝も上がりダイエットにもなるのです。普通のウエイトトレーニングでは、コアは鍛えられませんが、コアトレーニング自体は決して難しいことではありません。ちょっとしたことを改善するだけでも、コアは鍛えることが出来るのです。

日常的にできることと言えば、姿勢を良くすること、つり革に捕まらずにバランスを取ることなどです。姿勢を正すことは特に大切なことであり、正しい姿勢が習慣になれば、内臓機能の低下も予防できますし、肩こりなども解消されます。

それに、背筋を伸ばしていると、若々しい印象を相手に与えることもできます。もちろん、日常に簡単なトレーニングを取り入れることでも、コアは鍛えられます。

例えばリフティングなんか、コアがとても鍛えられる運動です。サッカーをやっていない人は難しいと思いますので、おヘソあたりで袋などを持って太ももをあげるだけでも大丈夫です。大事なのは太もも上げるということなのです。1日左右30回ずつを最低1セットすれば効果が出てきますよ。

また、太ももを上げるトレーニングがめんどくさい人でも、普段エレベーターで移動するところを階段に変えるだけでもOKです。できれば、1段飛ばしで上がることがおすすめですよ。積極的にコアトレーニングを取り入れて、身体のアンチエイジングをしましょう!

このページの先頭へ