痩身エステ~ダイエット中の飲酒について~

太っている体型に悩んでいる人の中には、どうしてもアルコールがやめられないという人も多いのではないでしょうか。晩酌をすることが日課になっているという人も多いはずです。

しかし、基本的にアルコールは糖質が多いので、ダイエットの大敵となってしまいます。 ただ、全く飲んではいけないというわけではありません。 酒は百薬の長と言われることもあるように、少量の飲酒には血行を良くする働きがあります。

それに、お酒を飲んで毎日のストレスを発散しているという人もいますよね。 その場合、お酒をやめてしまうとストレスが溜まってダイエットに悪影響を与えてしまうことも考えられます。

しかし、お酒を飲みすぎてしまうと血液中の中性脂肪量が増え、体操も増やすことに繋がってしまうということは理解しておきましょう。

お酒を飲む人には肥満の人が多いと言われることがありますが、これにはお酒だけでなく、おつまみも関係しています。お酒のお供と呼ばれるものの中には、からあげなどの高カロリーのメニューも多いですが、当然、食べ過ぎると肥満に繋がってしまいます。

どうしてもお酒を飲みたいという場合は根本的に飲む量を少なく設定し、その上でおつまみもできるだけ低カロリーなものを選択しましょう。お漬物や野菜サラダ、冷奴などを選択するのがおすすめです。 もちろん、お酒を飲んだあとのシメはやめたほうがいいです。

遅くまで飲んでしまうと、だらだらとカロリーを摂取し続けることになってしまいますが、これもダイエット上良いことではありません。いつまでもだらだら飲んでしまうのではなく、飲む時間をしっかり決めておき、寝る直前まで飲むことがないようにしましょう。

遅い時間まで飲む人は、それだけ脂肪が溜まりやすい生活をしているということを理解しておかなければなりません。ビールの場合は中びんを1本程度、ウイスキーならばダブルを1杯程度であればそれほど気にする必要はありませんが、できれば低脂肪・低カロリーのアルコール飲料を選択するのがおすすめです。

よく噛んで食事をするだけでもダイエットになる?

よく、早食いの人は太りやすいと言われますよね。この逆で、よく噛んで食べる人は太りにくいということができます。なぜかというと、早食いをすると満腹であることに気付かずに食べ過ぎてしまう可能性があるからです。

食べ終わったあと、しばらくしてから「食べ過ぎた」と後悔してしまうことはないでしょうか。 これは、本来はもう満腹であったのに、それに気づかずに食べ過ぎてしまったということですよね。 お腹がいっぱいだと感じているのに無理をして食べているという人は少ないはずです。

なぜこういったことが起こるのかというと、人は食べ物を口にしてから満腹だと感じるまでに、時間差があるからです。食事をすると満腹中枢と呼ばれる期間が満腹であるという信号を出すのですが、この信号を受け取る前にたくさん食べてしまうと、食べ過ぎということになってしまいます。

そこで大切になってくるのが、よく噛んで食べるということです。 一口20回以上噛むように心がけるだけでも、食べ過ぎを防ぐことができます。 1回の食事かける時間が短いという人は、30分かけて食べるように心がけてみてはどうでしょうか。

それに、よく噛むということは消化吸収を良くするということにも繋がります。 ダイエットと食事は切っても切れない関係があるので、毎回の食事に注意することが重要です。 ただよく噛むだけでいいわけなので、それほど面倒なことではないですよね。

できれば先に野菜類などから食べるように心がければ、主食にたどり着くことには満腹中枢が働き始めているので、食べ過ぎの防止に繋がります。おかわりをしてから食べ過ぎたことに気付いてしまうという人は、おかわりをする前に5分ほど休憩をしてみましょう。

それでもやはりおかわりをしないとガマンできない程お腹が空いているという場合にのみおかわりをするといいですね。一口の量が多ければ20回噛んでも足りない場合があるので、一口の量を少なくするというのもおすすめの方法です。

このページの先頭へ